会長より:三重だより

「三重だより」
第56回日本アルコール・アディクション医学会
学術総会 会長 廣中直行


 学会のホームページで会長挨拶が更新されるのは異例のことかも知れませんが、準備の最新状況を知っていただき、参加をご予定の皆さまと合同学術総会を盛り上げたいと思いますので、今後も更新の可能性があります。
 さて第56回日本アルコール・アディクション医学会には多くのシンポジウムの企画をお寄せいただき、ありがとうございました。今回のシンポジウムには、精神医学、薬理学、内科学などの個別領域の枠にとどまらない「多領域」とも呼べる斬新な企画が多いように思われます。学際的色彩の強い当学会の持ち味が発揮されてきたと感じております。また、特別講演にはNIAAAのGeorge F. Koob所長およびScripps研究所のBarbara Mason博士をお迎えすることができました。ビデオでのご講演になりますがご期待ください。
 開催の方式についてはCOVID-19の状況を見ながら慎重に考えて参りました。状況認識については改めて述べるまでもありません。当学会は7月4日の理事会を受けて、オンライン開催を主体とします。ただし、現地参加も可能な「部分的ハイブリッド形式」を検討しています。会期後は一定の期間オンデマンド配信を行います。
 X月X日より一般演題の募集を開始いたします。皆さま奮ってお申し込みください。本学術総会が日本のアディクション研究を力強く推進する原動力になりますように、お力をいただきたく存じます。

三重だよりNo1
日本アルコール関連問題学会三重大会・大会長
猪野亜朗(泊ファミリークリニック)


 早いもので、三重大会まで5ヶ月になりました。
 関連問題学会は、AA医学会よりも早くから準備を開始して、シンポジウムなどはほぼ具体化できました。多くのシンポジストや講師のご協力を得て、全国の皆様のご期待に添えるような内容だと確信しています。
 私は、日本アルコール関連問題学会が誕生する前の日本アルコール医療研究会の頃から参加していました。
 全国の仲間に出会える学会として本当に助けられてきました。この学会の場がなければ、とっくの昔に燃え尽きて、アルコール医療の分野から消えていたと思います。
 エビデンスや技法を得る場でもありましたが、それ以上に「全国で共に苦しみながら前に進んでいる仲間」と出会って、苦労を分かち合うのが本当に楽しみでした。
 昔のこの学会には「夜間集会」という「夜を徹して話し合う場」がありました。今は「オフ会」という名前になりましたが、この場での出会いが特に力をもらえる場になっていました。
 当時、多くの全国の皆様も私と同じ思いをしていたと思います。
 こんな役割を担う学会を三重の地で引き受けることになりました。
 三重まで来るのに、ご不便をおかけしますが、大歓迎します。
 とは言っても、コロナの問題があり、今年も開催方式を巡って苦労を重ねています。
オンライン、ハイブリッド、ZOOMなど聞き慣れない言葉に翻弄されながら、準備をしています。
 どんな形態になるにしても、学会の伝統である「顔の見える学会」「心と心を通わす学会」でありたいと思っています。
 三重では、様々なネットワーク活動をやってきました。それを反映した学会テーマに「連携」という文字を加えました。
 三重県で実践してきた「アルコール救急」「総合病院での多職種連携」「基本法下の地域連携」「飲酒運転問題」「贈る言葉」等などを全国の皆様と共有していきたいと考えています。
 オンラインとなっても、「心が通い合う学会」になればと願っています。
尚、最後になりましたが、多くの方から協賛金をお寄せ頂いたことに厚く感謝を申し上げるとともに、より良い学会にするために使わせて頂くこととします。